スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
高層ビルがニョキニョキに思う
2007/05/22(Tue)

shinagawaこんばんは。
半袖でいいかなと思うと、ちょっと風が冷たかったりという難しい季節の東京です。

さて、今週木曜までは関東で動いております。
昨日は、九段下、湯島などなど。そして今日は品川に行ってきました。


しかし、本当にたくさんの高層ビルが建ったもんです。
品川駅ももちろんですが、港南口を出ると、ひと昔前とは大違い。ちょと戸惑ってしまうくらいです。
写真は、港南口を出たところで撮影したものなんですが、なかーり上を向いて撮影しないと入らないくらいの高いビルですね。
なんでも、こういう高いビルがニョキニョキと建ったことで、都内の風通しが悪くなってしまい、ヒートアイランド現象が加速しているという話です。それはマズイことですね。

18日に配布されていた「R25」に書いてあった今週のホットキーワード
「クールタウン」
これは、ヒートアイランド現象対策のことで、皇居から東京駅周辺に風の通り道を作って、街を冷やそうという計画だそうで。
環境省から依頼を受けた大学の研究チームが調べたところ、皇居内の気温は近隣市街地と比較すると1日あたり平均2度低かった。
そこで、屋上・壁面の緑化、街路樹の植え付けなどによってオフィスビルの熱気で上空へ逃げてしまった皇居の空気を丸の内周辺へ誘導しようというものだそうです。
さらには、「クールリーフ推進事業」というのもあって、これは、屋上緑化、高反射塗料によってヒートアイランド現象を抑制しようという都の施策。都心部に建造物を持つ個人や法人を対象に工事費に対して補助金を出すそうです。

しかし・・・、考えてみるとですよ・・・
自分達が快適に住みやすくするためなのに、補助金が出ないとやらないとか。
風通しが悪くなるような高層ビルをボンボン作っておいて、暑くなったから、やばいやばいと冷やす施策を改めて税金をかけて調べてる。


なんだかねえ・・・・と思う私です。

明日は新宿、青山などなど・・ガンバリます。

この記事のURL | ブログ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<こんな日常ですというダイアリー | メイン | 恒例の「まぐろや」>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://daisuke174.blog58.fc2.com/tb.php/98-9978484d

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。