スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
緩やかなゲレンデ
2006/03/06(Mon)

しゅうやくんこんにちは。
今日はやっぱり雨になってしまいました。途中まで、「なんとか!」と期待したのですが・・。

今日から今週末までは、東京からお越しいただいているS様ファミリーを担当しています。1週間ありますので、明日はマンパクに行こうかと。晴れて、見事な河岸段丘が見れることを期待します。


さて、湯沢日記にも書きましたが、土曜は快晴のなか、団体様のプログラムのため、布場ファミリースキー場に出かけてきました。ここは、湯沢高原ロープウェーの真下にある、とても緩やかなスキー場。スノーボードが禁止なので、初心者のファミリースキーヤーで賑わっているところです。
at様は、昨年からこのスキー場を会場にして、スキー旅行を実施されていますが、お子様にとっては、非常に滑りやすいスキー場のようです。
私達のホームである中里も非常に緩い斜面があります。もうガンガンに滑れるお客様にとっては、「飽きたー」とよく言われてしまうのですが、滑ってみるとバリエーションに富んでいるんで、練習にはいいんですよ・・。

で、よく聞く話が、最初に急斜面につれていかれて、「じゃあ、先に行ってるから」とおいていかれ、とーっても怖い思いをして、もうスキーが嫌になってしまったというお話。
まあ、「習うより慣れろ」という言葉もあるくらいですから、一理あるんですが、そこはあんまり度を越すと、慣れるまえに嫌になってしまいます。
私達の場合、やはり「嫌」になってしまわれてはいけないので、斜面の選び方には細心の注意を払います。
緩すぎず、急すぎず、ちょっとがんばればヒョイっとレベルアップしそうな斜度や雪。
この選び方にコーチのクオリティが出るといってもいいと思います。

なんとなく「ここ行きましょう」と言っていますが。実はそういう狙いがあってのことなのです。
こんど、尋ねてみると面白いかもです。

この記事のURL | ブログ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<晴れたり雨だったり | メイン | スタッフの1日>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://daisuke174.blog58.fc2.com/tb.php/795-6c6e7687

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。