スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ラ・プラーニュレポート1
2008/04/05(Sat)

久しぶりのブログ更新です。本日フランスから帰国しました。
帰国して、日本の暖かさにびっくりです・・。

さて、今回から何回かに分けて、フランスのレポートをお届けします。
行ってきたLaPlagne(ラプラーニュ)というスキーリゾート、今回はチューリヒからジュネーブ、そしてそこから3時間の車移動を経て到着する非常に大きなリゾートです。
aime1
私たちが滞在したAimeLaPlagne(エイメラプラーニュ)は標高2100m。
そこに写真のような、ものすごい大きな建物が建っています。
(まるで宇宙ステーション)
この中には、様々なお店(レストラン、ショップ、映画館、美容院など)があります。また、後ほど詳しくレポートしますが、このAimeには障害のある方々にスキープログラムを提供しているアンテナハンディキャップがありますので、中は基本的にバリアフリー構造。
車椅子のお客さまも多数みかけました。

mtblancホテルタイプが少ないのが、このリゾートの特徴です。
今回も、コンドミニアムでの滞在となりました。
部屋からは、写真のような風景。
真ん中は、モンブランです!





plagnecentreまた、このリゾートは、総滑走距離200kmもありますので、見渡すかぎりがスキー場。
こちらも部屋から見える、となりのPlagneCentre(プラーニュセンター)です。標高は1970mです。
晴れると朝日は向こうからあがってきて、とてもきれいでした。


 

aimeslope初日は、ホテル横からスキーアウト(スキーを履いたまま出れる)できるスロープで足慣らしです。
雪は、さすが標高が高いだけあって、最高の質。
お天気も快晴で、すばらしい初日となりました。
ちなみに、ここLaPlagneはチェアリフトがほとんどです。
ヨーロッパで標高の高いスキー場の場合は、氷河上のことも多く、そうなるとTバーもしくはJバーリフトとなり、チェアスキーヤーや、障害のある方にとっては、少し使いづらいのですが、そういう点でも、滑りやすいスキー場です。

さらに、リフトの並ぶレーンには障害のある方優先レーンもあります。(写真の左側)liftentre

このゲレンデでは、毎日、様々な障害のある方がスタッフと一緒に楽しそうに滑っていました。

そして、この日、アンテナハンディキャップ代表のマーク・ゴストリ氏とコンタクトを取ることができ、夕方にはオフィス、そして倉庫を案内してくれました。
いやあ、しかしすごいすごい!
って、その様子は、次回に・・・(笑)




この記事のURL | ブログ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ラ・プラーニュレポート2 | メイン | フランス・ラプラーニュへ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://daisuke174.blog58.fc2.com/tb.php/758-9444e403

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。