スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
森林セラピーパイロットプロジェクト
2006/10/01(Sun)
bentomatagi
こんばんは。
先ほど、山形より戻りました。滞在した地域がまったく携帯が繋がらず、外部と完全に遮断された3日間を過ごしてきました。何年かぶりにこういう状況でしたので、ちょっと困ったこともありましたね。

(事前にわかっていれば問題ないんですが)

さて、山形の3日間は・・・正直、ちょっとがっかり。
森林自体がすばらしいものでしたが、視察団が体験できるメニューがあまりに少なくて、いろいろ見たり、聞いたりして今後の参考にしようと思っていたのですが、それが達成できなかったという感じです。

そうは言っても、マイナスばかりではということで、+面をみていくと・・
写真はお弁当。地元の食材で、「デドックス効果」という体内毒素を出す効果のある料理だそうです。味もおいしくて、これはナイスでした。
2枚目は、初日の夜にあった「マタギのお話」。数少ない現役のマタギの方の、リアルなお話。熊を撃つときは1mまで待って撃つ(!)とか、捨てるところなく全部食べるとか。これは面白い話でしたね。
この山形県小国町というところは、マタギが有名であり、もちろん熊もたくさんいます。昨年、ブナの実が豊作だったことで熊の子供がたくさん生まれ、今年はブナの実が少ないため、食料を求めて里に近づいているとのことで、毎日のように目撃情報が入るそうです。
いろいろと地元ではご苦労があるようですが、小国らしい森林セラピー基地になってほしいもんですね。
私たちも、自分たちの資源をしっかり見極めて、よい森林セラピープログラムを提供したいと思います。
この記事のURL | ブログ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<川床で弁当を | メイン | 山形へ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://daisuke174.blog58.fc2.com/tb.php/682-1543a80f

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。