スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
スキー板との相性
2007/01/19(Fri)

k2takehanasこんばんは。
今日の湯沢は雪。
質はいまいちだけど、昨日の雨よりは何倍もいいですね。

さて、今日はチェアスキーのお客様Mさん。
これまで、ロープでサポートしながらの滑走だったのですが、平日の加山キャプテンコーストが空いていることもあり、ロープなしの練習を重点的にやりました。

結果としては、非常によく、ロープサポートなしでも滑れるようになりました。
しかも、今日のゲレンデコンディションは、ひっかかるような雪で、しかもチョット荒れた状態。
こんな悪い状況でもokだったということは、自信をもっていただいていいと思います。
さらに、レベルアップに貢献したのが、新しいスキー板。(写真)
以前のものより短くし、キャップ構造からサンドイッチ構造の物に変更。
モデルは、K2アパッチTAKEHANA Sという小回り系のスキーです。

これは、相性どんぴしゃでしたね。
実になめらかな滑りになり、変に飛ばされてしまう事がほとんどなくなりました。

スキーは、マテリアルスポーツ。
道具の影響が大きいことは、すでにみなさんご存知のとおりです。
ちょっと調子悪い、伸び悩みの方、道具を変えてみるとびっくりするくらい上手になるかも!?

この記事のURL | ブログ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アダプティブ・レーシング・キャンプ | メイン | POCヘルメット>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://daisuke174.blog58.fc2.com/tb.php/572-edf03b33

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。