スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
グレステン・スキーに行ってきました。
2007/05/26(Sat)
こんばんは。今日は暑いくらいの湯沢でした。
丁度、運動会シーズンなので、よかったのではないでしょうか??
さて、今日はcvと「グレステンスキー」というのをやってきました。
昨日、長谷さんからお話を聞き、ネージュでもプログラムとしてできるかを視察というわけです。
gresten
場所は、湯沢から1時間ちょっとの長岡市営スキー場内に設営されている専用ゲレンデ(455m)。
ここは、国内に4箇所あるグレステンスキー場のなかでも、一番斜度があって、練習にはもってこいのところです。(最大斜度9度)

緑の部分は、プラスチックのような素材で、ちょうど、プールに敷き詰めてあるようなマットが敷かれています。

grestenskiこのマットの上を、左のような専用スキー「グランジャー」を履いて滑ります。
前後に大きめの特殊な形状かつ溝があるゴムタイヤがついていて、
私たちは、通常のスキーブーツを履いて、このスキーを装着します。

特徴としては、ズレがおきないので、履いたときはちょっと違和感があるのと、やはり重量がズッシリとしています。

grestencv装着したcvです。
ブーツとグローブなどは持参し、スキー、ストック(専用)はリフト料金込みでレンタルがあります。

さらに、このゲレンデでは、初めての人に対しては安全面からも無料講習をしてくれます。

ワイドスタンスで滑ること、最後は山まわりで停止するように心がけること、倒しすぎるとフレームがひっかかり、転倒してしまう危険性があることなどなど。
非常に丁寧に、プルークから停止~プルークでのターン~山まわり~谷まわり~連続ターンまでを教えていただけましたので、よく理解できました。


grestenina講習のあとは、二人で色々と考えながら滑ってみました。
(cvは一度、大転倒!大股開きで笑わせてくれました)
雪上のスキーに比べて、足裏全体を使って操作をきっちりしないと曲がらなかったりします。
また、動いていくなかで、自分の身体を動かしてスキー(グランジャー)を操作しなければいけませんので、近年のカービングスキー操作を上達させるための自分の練習にも最適です。
欠点もはっきりを出ますので、そのあたりの矯正にも役立ちそうです。
今日も、15名くらいの方が、元SAJデモの方の指導のもと、一生懸命ポジションの確認などをされていました。

終了後、スキー場の方ともお話をしたのですが、チェアスキー用も準備はあるとのことで、ぜひ利用してもらいたいとおっしゃっていました。
施設的にも、車椅子の方でも大丈夫なので、ネージュの企画として検討してみたいと思います。
ぜひ、やってみたい!という方は、まずはネージュまでご連絡を!

この記事のURL | ブログ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ネイチャー・ノルディック・ウォーキング テスト歩き | メイン | 情報交換(いや、単なる飲み)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://daisuke174.blog58.fc2.com/tb.php/392-3ff2d5cb

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。