スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大会の報告
2007/02/25(Sun)

こんばんは。
今日から、また加山に戻りました。
天候は、今日は晴れ。まあまあ冷えましたので、よい雪質でしたね。
私は、今日は視覚障害者伴走のトレーニングをしました。
なかなかむずかしいもんですよー。(笑)

さて、昨日までの大会のご報告を・・・
SLは残念な結果だったことは、すでにこちらでお話しましたが、翌日のGSLも、結果としては「記録が残らない」ことになってしまいました。

実は、2本勝負のレースは、完走はしました。
が・・・、2本目を完走し、タイムの発表を待っていても、いつまでたっても表示されない。
????
そうすると、ナント!!
「スタートバーが反応しなかったので、もう一度滑れ!」との大会事務局からの指示。
私とNさんは
「エエエエエエエエ!!!!!!!」

Nさんの判断で、この斜面(急斜面、アイスバーン)、セット(かなり振りの厳しいセット)を全盲のレーサーがもう一度、集中して滑るのは難しいということで再レースはしなかったため、大会事務局から
「タイムが計測できなかったので、完走はしていない。したがってDID NOT FINISHです。」と。。。

Nさんと私は、
「タイムは仕方ないにしても、スタート、全旗門、ゴールまで、全ての人が見て完走しているのだからなんとか完走したということで記録してほしい。」
とお願いしましたが、まったく受け入れられず・・・。

「タイムがないから、失格だ」
の一点張り。

「バーが反応しなかったのであれば、数旗門を通過した時点で、止めてくれればいいのに、なぜ??全盲のスキーはそれができるスピードのはず」
「いや、ゴールするまでわからない」等など・・・・・・・。

ルールはルールとして、仕方ないのかもしれまんが、何か釈然としない、後味の悪いレースとなりました。
事務局としては、すべてレーサーとガイドが悪いと。
それを多めにみて、再レースをさせてやると言ったのに、君達がそれを受けなかったのだから、失格で当然というお話です。

なんともいえません。
ふー。

結びが悪いですが、結べないお話でございます・・・・。


この記事のURL | ブログ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ギリギリセーフ | メイン | スラローム残念!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://daisuke174.blog58.fc2.com/tb.php/379-c00f6ecc

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。