スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
復興ということ
2004/12/13(Mon)
おはようございます。今日は少し真面目なお話で・・・。


昨夜のフジTV系「ez~」ご覧になりましたか?湯沢温泉街の地震の影響についてレポートしていました。お客さんが来ないという影響です。
この影響は地震直後から始まっており、特に11月の上旬などは悲惨な状況でした。一時は実に9割キャンセルだったそうです。

で、最近ちょくちょく耳にしますし、昨夜のTVの街頭インタビューでも出ていた意見なのですが、「被災された人がたくさんいるのに、温泉など行っては申し訳ない」という意見です。もちろん、その意見は否定できませんし、心情も理解できます。日本人のカラーだと思います。
でも、実際は被災地域も経済復興をしなければなりません。みなさんの暖かい気持ちの義援金や支援物資ではありますが、それだけでは元の生活に戻ることはできません。
湯沢の温泉でお仕事をされている被災地の方々も多くいらっしゃいます。この方々も仕事がなかったら、食べてゆけないのです。
観光を大きな産業とするこの地域にとっては、この土地に来ていただき、食べていただき、飲んでいただき、遊んでいただく。いわゆる「お金をおとしていただく」という行為が、本当にありがたい復興支援なのです。
それは、義援金を送る気持ちと、なにも変わりません。遊びに来ていただくことは、この地域を元気づける事にもなり、一日も早い復興に繋がると思います。

もうすぐ、この地域は雪に覆われ、スキー・スノボの季節です。
湯沢だけでなく、塩沢、六日町にもたくさんスキー場、温泉はあります。
どうぞ、きてください!
この記事のURL | ブログ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<個性って | メイン | 初お滑り>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://daisuke174.blog58.fc2.com/tb.php/285-14fc5a84

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。