スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
森林インストラクター講習を終了して
2006/08/19(Sat)
今夜二回目の更新です。先ほどは電車から、そして今はパソコンからです。

さて、今日でやっと講習会が終ったことは、報告いたしましたが、8日間、毎日朝9時から18時まで。ほんとうにびっしりの内容で驚きました。
今回の参加者は、全国から170名。
北海道から九州まで、本当にたくさんの人が受講されておりました。
内容は森林生態学から、林業全般のこと、法律のこと、きのこや山菜のこと、現在の日本の森林問題に起因した環境問題、レクリエーションの内容、実技、企画立案の方法などなど多岐にわたるもので、たとえ、森林インストラクターになりたくない人でも一度は勉強したほうがよいと思われる内容のものばかりでした。

そのなかで今回、改めて感じたのが、「森林体験教育」の必要性です。
いま、世界では、毎分29haの森林が消滅しているといわれているそうです。
29haというと、甲子園のグランド21面から22面(!!)。それが毎分ですよ!!
日本の国土は3700万ha、そのうち2500万haが森林で、実に67%。
こんなに森にかこまれた国はなく、その国の人々が森について、あまりにも無知では、恥ずかしいですよね。
現在、2500万haの森林のうち1000万haが人工林ですが、その多くが林業の衰退、高齢化などから手付かずの放置林となりつつあります。
このことは山を荒らすことに直結し、そのことで、土砂くずれや洪水、豪雨などの災害も生んでいます。
大人になると、こんな中学で習ったことはすっかり忘れています。
まして、都会で生活していると、いかに森の恩恵を受けて日本人が生活しているかも忘れてしまいます。
経済最優先の世の中で、何か見失いかけていることがたくさんあるということを、気づかせてくれたこの講習会に感謝し、ここで学んだことを、ひとりでも多くの方々にお伝えしてゆこうと考えました。

写真は、マンパクの上にあるブナ林。戻ったら、違う観点で、このブナ林に入ってみたいと思います。

bunahayashi
この記事のURL | ブログ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<S先生結婚二次会at麻布 | メイン | こう言われると…>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://daisuke174.blog58.fc2.com/tb.php/222-37b40c6d

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。