スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
最近変わってきたなあと感じること
2007/02/13(Tue)
ufusaiこんにちは。今日は、事務所にいます。
ご予約いただいていたお客様が体調不良でキャンセルとなったためです。
私も、ちょっと疲れがたまってきているので、今日はおとなしくという感じですね。
気温の上下が非常に激しい今冬ですので、みなさん体調には気をつけてください。

さて、最近になって感じることがあります。
それは、私達のベースであるスキー場でのお話。

ネージュのプログラムを受講いただくお客様は、だいたい9時半くらいにお越しいただき、それから準備してスキーをします。
ですので、だいたい10時くらいのスタート。
一緒に活動させていただいているINOUE K2プロスキースクールのレッスン開始時間とちょうど同じくらいになりますので、集合場所には多くの受講される方々、インストラクターが集合します。

シーズン当初は、バイスキーやチェアスキー、アウトリガー、視覚障害のお客様とキャストが装着しているスピーカーなどを、集合された皆さんが「興味深々」でご覧になっていました。
それは、INOUEスクールのレッスンを受講されるお客様もインストラクターの方々も双方です。
普段、あまり見ることがない器具ですし、車椅子常用の方が、視覚障害のある方がどうやってスキーするんだろうと思われるのは、疑問として普通ですので仕方ありません。
逆に、興味をもっていただけることは、普及という意味では、ありがたいことだと思います。

それが、最近は少し変化が出てきました。

「みんな、普通に見てる」

特にジーっと見るわけでもなく、普通に
「ああ、チェアね」
「あのお客さんは、視覚障害があるのね」
という感じ。

これは、実は私達が望む姿であり、風景です。

「雪という恵みの上で、スキーという道具を通じて感動を共有する。
そこには障害があるとか、ないとかは関係ありません。皆、単なるひとりのスキーヤー。」
ただそれだけなのです。

そんな言葉が、実際の光景として見えてきていて、変わってきたなあと感じています。
すばらしいことですよね。

写真は、あるご夫婦。
こういう画が、あちこちのスキー場で見れるようになるといいと願っています。


この記事のURL | ブログ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<吹雪です | メイン | 加山の山頂にて>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://daisuke174.blog58.fc2.com/tb.php/220-bd6e2bf4

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。