スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
K2スキー09/10モデル情報!
2009/02/05(Thu)
こんにちは!
以前として、どかんとした雪がこない湯沢です・・。

さて、早くも、来期(09/10シーズン)モデルの情報です!
販売店様対象の試乗会が苗場スキー場で開催されましたので、お手伝いに出動してきました。

来期の目玉はいくつかありますが。。。
1.日本発のエキスパート向けモデル、SPITFIRE S

spitfire


こちらは、K2所属のデモ選手も使用する、日本の雪質を考え100%日本向け仕様の板。
サンドイッチ構造で、フレックスをややソフトに、トーションを強く設定。
足元に張りのある、雪面に強烈にくいついて、しっかりとレールを刻んでくれる本物のエキスパートモデルです。

2.CROSSFIREの後継機種、MSL


msl


グリーンのコスメティックが映えるこの板は、SPITFIREよりセンター幅が2mm太いものの、スクエアテールを採用し、メインは整地を想定したカービングマシン!
SPITFIREよりも、ややソフトな仕上がりになっていて、多少の不整地もこなせるため、一般の上級者にはこちらがおすすめかもです。

3.人気のCROSSFIRE、RECONも健在!


crossfire



recon


すでに上級者の定番板となった、人気の2機種ももちろん継続!
よりオールラウンドにいろいろな斜面を楽しみたい方は、この二つから選択するといいですね!

その他、テレマーク、アルペン、ツアーなどのカテゴリー分けを超越した考え方で新登場の「BACKSIDE」シリーズがすごい!
ツアーでシール登行などをメインに考えたBACKの名称がつくモデルと、リフトで近くまでアクセスして、少し登ってバックカントリーを楽しむことを考えたSIDEが名称につくモデル。アルペンでもテレマークでも対応ができるように設計され、どちらも、幅や素材の違いなどで、数種類用意されているので、バックカントリー派は、迷うこと間違いなしです!

みなさんの前に、これらのモデルがお目見えするのは、少し先ではありますが、かなりの進化をとげた印象のあるコレクションになっています。
展示会や試乗会では、要チェックですよ!

この記事のURL | ブログ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<週末のお客様 | メイン | 今日は冷え込みました!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://daisuke174.blog58.fc2.com/tb.php/19-86a7ef7a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。