スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
中越沖地震の報道に思う・・
2007/07/18(Wed)

おはようございます。夏がやってきたのかな?というような晴天の湯沢です。

さて、昨日取り急ぎの報告にしましたが、中越沖地震では、たくさんの方かたお見舞いメール、お電話を頂戴し、本当にありがとうございます。
ここ湯沢は、柏崎の状況が嘘のように、普通の生活が流れております。

今回の地震、湯沢の観測震度は3とのこと。
私たちは、大源太キャンプ場におりました。
ゴーっという、なんだかよくわからない音のあとに、ユラユラときました。
外で歩きながらでしたので、あまり感じませんでした、本当に「あ、地震かな」という程度。
そのあとに、テレビなどで、柏崎で震度6強とのことがわかり、驚いた次第です。

報道では、今もひっきりなしに被災地の映像が流れ、リポーターが状況を伝え、評論家が語っています。

でも、本当の状況を伝えてくれているんだろうか?と疑ってしまうのです。

確かに、多くの方が被災し、避難所生活を強いられています。被災者の方々の心身の疲労、傷つきは想像を絶するものだと思います。

しかし、テレビ等で伝えられる光景は、倒壊した家屋、地割れ、土砂崩れなどの最もひどい光景。
避難所では、リポーターだけがヘルメットをわざとらしくかぶって、リポート。
わざわざ、停電で真っ暗なのに、地割れの場所にいって、「あっ、こんなことに!」などと危険な報告。
あげくのはてには、亡くなられた方のご家族をつかまえてインタビューなどなど・・・。

新潟は、3年前に中越地震で大きな被害を受けました。
小千谷や長岡では多くの方が被災し、長期間の避難所生活を強いられました。

このとき湯沢では、まったくといってもいいほど被害はなかったのですが、まるで中越全域、もっといえば新潟全部が地震によって被災したかのような報道もあり、「風評被害」によって経済面で大きな打撃を受けました。たくさんの旅館宿泊・スキー修学旅行などがキャンセルされてしまったのです。

また、2年前は、豪雪が津南町を襲いました。積雪は5mにも達しました。
ここでも、多くの報道陣が津南におしかけ、連日、その状況を伝えました。
でも、裏では、とんでもない話もあったのです。

「雪崩を起こしてもらえませんかねえ」

これは、ある取材班が、実際にスキー場に要望したことです。
信じられますか?
いかに雪の状況がひどいかを誇張するために、このようなリクエストをしたのです。
もちろん、お断りしたとのことですが・・・。

正しい情報を伝えてもらいたいと願います。
実際に困っている方々は大勢います。
その方々の本当の状況を、被災地にとって何が必要かを伝えてほしいです。

新潟県は観光立国、たくさんの観光資源があり、多くの人が観光産業に従事しています。
これからの夏休み期間、被災地に赴いて災害ボランティアをするだけではなく、皆様が新潟に遊びにきていただくことも、この県を、そして被災した地域を元気づけていただくことに繋がるのです。

湯沢、津南は本当に大丈夫です。ぜひ、遊びにきてください。


被災された方々に、心よりお見舞い申し上げるとともに、お亡くなりになられた方には謹んでお悔やみを申し上げます。



この記事のURL | ブログ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<おいしいランチボックスです | メイン | 湯沢は被害なし>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://daisuke174.blog58.fc2.com/tb.php/16-0da89f11

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。