スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
安全のために
2012/12/18(Tue)
こんにちは!
今日の湯沢は雨から雪に変わりました。ここ数日の晴天、雨で雪が減ってしまっていたので、恵みの雪です!

さて、15日(土)にホームゲレンデの湯沢中里スキー場がオープンしました。
まだ雪は少ないものの、ほとんどの斜面を滑ることができて、うれしい!って感じです。
ネージュキャスト数名も、早速トレーニングで滑りました。

で、トレーニングしながら、ちょっと気になったことがありましたので・・・。
最近は、スキー場の積極的なキャンペーンもあって、ビギナーの若いスノーボーダーやスキーヤーの方もおいでになるようになってきました。今後の業界のためには、とてもありがたい!です。
しかし・・ちょっと危ないなあと思うことも、少なくありません。

・ゲレンデのどまんなかで、ずーっと座り込む。
・コントロールが難しい斜面で、ものすごいスピードで滑っていく。
・スノーボードでリーシュコードがない。
・サングラス、ゴーグル、帽子、ヘルメットはおろか、素手(!)の人がいる。

スキー、スノーボードは楽しいスポーツです。
しかし、斜面を滑るということで、危険性もあるんです。
どまんなかで座り込んでいたら、上から突っ込まれます。
オーバースピードで、もし止まれないと自分が怪我をするだけでなく、人に危害を加えることになります。
リーシュをつけないで、万が一、板が流れて人に当たったら、大事故です。
アイウェアや帽子、ヘルメット、グローブは自分を守るためのものです。

こういうことを、私達のような現場に立つもの、そしてスノースポーツ関連のメディアなどがもっとキチンと伝えてゆくべきだと思います。
知らないから悪いのではなく、知ってもらうように伝えつづけないといけません。

ネージュでは、ゲストにもヘルメット着用をおすすめしています。
もちろん、プログラムでは事故のないよう細心の注意を払っていますが、万が一に備えることは大切です。
皆様のお手本となるように、キャスト陣も積極的に着用してゆきます。
安全あってのスノースポーツ、せっかくの楽しい日が、怪我や事故で悲しい日にならないためにも。

1-DSC_4941.jpg


スポンサーサイト
この記事のURL | 用具 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
到着!ニューバイスキー
2011/11/29(Tue)
やってきました、巨大なダンボールに包まれたやつが。

今期導入した新しいバイスキーです。
サイズがこれまでのものとちょっと違います。
いろんな人に、できるだけジャストフィットの器材で楽しんでもらいたいので。

色はパープルで、ちょっと渋い感じ。
これで、ネージュのバイスキーは、合計4台になりました。

・バイスキー 赤(バイユニーク)お子様用
・バイスキー 黄(バイユニーク)大人用Lサイズ
・バイスキー 紫(バイユニーク)大人用Mサイズ
・バイスキー 青(マウンテンマン)大人用重度障がい対応型

この他には、モノスキー(いわゆるチェアスキー)が1台。

ということで、車椅子常用の方にお使いいただける器材は5台に!!
全部並べて写真撮りますね~(シーズンに入ってから)

newbiski2011.jpg

※導入にあたっては、新潟県勤労者厚生福祉財団さま、ネージュサポーターズクラブの皆様から多大なる援助を頂戴いたしました。心より感謝申し上げます。
この記事のURL | 用具 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
GO PRO HD HERO準備しました!
2011/11/15(Tue)
おはようございます。
今日は全国的に寒い日、湯沢は朝から冷たい雨です。
1000mクラスでは、雪になったかな??

さて、準備したのは、コレです。
DSC_3145.jpg
このカメラですが、メーカーページを引用すると・・・

「「GoPro HD Helmet HERO」は、HD CMOSセンサー搭載のハイビジョン動画撮影が可能な超小型カメラです。4種類のHD撮影ができ、特に最高画質で1080Pに対応可能なため、You Tubeなどへも設定を対応モードにすれば、加工なしでアップロード可能で、またフルスペックハイビジョンテレビ(1080P対応)をご利用の場合には、画面一杯の綺麗な動画をご覧いただけます」

となります。
まあ、うちのお仕事で考えると、これからの冬時期はキャストやゲストのヘルメットなどに装着して滑りながら、動画や静止画撮影ができるカメラということ。
夏のMTBやカヤック、フォレストアドベンチャーなんかも面白い映像が撮れそうです。

メーカーのプロモーションビデオを見るとイメージできます。
コレ

メーカーみたいにきれいにするのは、ソフトも必要だし、ちょっと難しいですが・・・。
とりあえず、事務所から大源太に移動する映像を車に固定して撮ってみました。

内容はテストなんで、超つまんないですが、魚眼レンズの面白さがわかりますね。
たいしてスピード出してないのに、えらい速く見える(ほんとです!)
テスト動画

今シーズンはみんなを撮影するぞ!!冬が楽しみになってきました!
この記事のURL | 用具 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今期のゴーグル(POC)
2010/12/16(Thu)
おはようございます。
あっちこっちへの出張で、なかなか更新できず、さらに風邪をひいてしまったようです。気温がメタメタなんで、みなさんも気を付けてくださいね!

さて、昨シーズンからゴーグルをPOCにチェンジしました。
昨期は、オレンジのIRIS Xというモデルでしたが、今期はこちら。

DSC_8859.jpg

BUGシリーズにラインナップされるIRIS BUGのブルーです。
フロント部分にベンチレーションがついていて、曇りも防いでくれます。
昨シーズンのIRIS Xにも、このBUGシリーズのレンズを使用してみましたが、非常に視界がクリアでよかったです。
また、ジャパンフィットのフレーム(スポンジ部分の工夫)によって、鼻の低い私でもぴったりと顔にフィットSます。ゴーグルが顔に合わないと、イライラしますもんねえ。

デザインも、ベルトの模様が面白くて、色がとてもきれいなゴーグルです。

今日は、湯沢の町も一面真っ白になりました。
このゴーグルをつけて滑る日も間近です!!!

POCの製品はフルマークスのサイトから。
この記事のURL | 用具 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今冬の帽子(KASK)
2010/12/09(Thu)
こんにちは。
今朝起きたらちょっと白い景色に。冷え込みもきつくて、冬本番になりました。
かぐらや苗場あたりでは、ちょっとは積もったのかな?

さて、今度はビーニー(帽子)をご紹介。
昔からスキーをするときは、帽子を被れと言われたもんです。その理由は大きくふたつ。
頭を怪我から守るということと保温です。

寒いなかでするスポーツですので、保温はとても大切です。
人間は頭と首から体温が逃げていきますので、この部分を保温してやると、寒さを軽減できます。

そして、怪我。
スキーやスノーボードにはエッジというものがあり、チューンナップでは「研ぐ」わけです。
これが錆びついていたり、丸っこくなっていれば雪の上をスムーズに滑ることができません。
逆に、研いであるがために、むやみに素手で触ると手が切れてしまいます。
ゲレンデで、こんなのが飛んできたら、それはもう凶器ですね。
そういう事態に、たった1枚の帽子が頭を守ってくれることもあるんです。
髪型が崩れると嫌がる若者も多いですが、頭切れて、流血するよりはよいはず。

KASKのビーニーは手作りの感覚がよく出ています。
そしてその柄がユニーク。毎年、たくさんの柄が出て迷うほどです。
最初は「ヘリコプター」次が「スノーモービル」、そして去年は「きつね」ときて、今年の私のセレクトは「ペンギン」です。
DSC_8858.jpg
このモデルは、WINDSTOPPERという「防風機能」があるもの。
寒い日でも、暖かく、そして楽しい気分でスキーができます。

この記事のURL | 用具 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今冬のグローブ(ヘストラ)
2010/12/08(Wed)
「グローブ」はとても重要です。
ビギナーの方々はおろそかになりがちなんですが、指先が冷たいほど、スキーで辛いことはありません。

私たちはお仕事で使用しますので、デザインだけではなく、いろいろな面から選択します。
保温性は、もちろん大切。私たちの集中がきれてしまうと事故にもつながりかねません。
グリップ力は、ゲストをサポートしたり、バイスキーのロープを持ったりと、こちらも安全面で重要な点です。
そして、毎日使用するために、ゲストのみなさんではありえない消耗をします。その点では、耐久性もポイントになります。

フルマークスさんからサポートしていただいているのは、スウェーデンの名品「HESTRA」
70年以上の歴史をもつグローブブランドです。
数あるラインナップから、今年選んだのは2種類。

【KAJ&SVERRE】※カイ&スベラと読みます。
DSC_8857.jpg
このモデルはGoat Nappaという柔らかくて、耐久性に優れた皮を使用しています。
またインナーはウール!濡れても保温性を失うことがありません。
そしてデザインが面白い。なんと左右の色が違うんです。後日ご紹介する私も愛用しているニット帽「KASK」を立ち上げた兄弟のフリースキーヤーのシグネチャーモデルなんです。
何色かありますが、グリーンのユニフォームということで、このカラーを選びました。

そして、もうひとつは
【DOMINIQUE】※ドミニク
DSC_8856.jpg
こちらも、フランス人の有名なスキーヤーであるドミニク・ペレのシグネチャーです。
皮はGoat Armyleatherという山羊の皮。耐久性と防水性に優れています。
Thermoliteを使用していて、こちらの素材も濡れても保温性を失いません。
さらに、縫製はExternal Seamsといって、外側に縫い目を出すことで指の圧迫感を軽減しています。

グローブなんてなんでも・・・
と思っている方、機会あればこのHESTRAに手を入れてみてください。
包み込むような感触と、ストレスのない指の動き、はめるのが楽しくなるようなデザイン。
きっと虜になりますよ!

この記事のURL | 用具 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
安全対策にヘルメットを着用しましょう!
2010/11/27(Sat)
ネージュでは、ゲストの皆様にヘルメット着用をおすすめしています。

もちろん、キャストは安全第一でプログラムを進めますが、どうしても避けきれない衝突があるかもしれません。
私も昨シーズン、レース中に衝突されてしまい怪我をしましたが、そのあとヘルメットを見たら、なんとへこんでいたんです!!もし被っていなかったらと思うとゾッとします。

ゲストの皆様だけでなく、私たちキャストも今期から積極的にヘルメットを着用してゆきます。

さらに、私たちはスキーヤーですから、事務所でもスキーマインドを忘れずに。
ということで、事務仕事もこういうスタイルです!
DSC_8795.jpg
CVはパソコンの目への影響を気にしてか、ゴーグルまでつけています。暗いと思うんですが・・・。

私は、こんな感じでエクセルと格闘中。
DSC_8797.jpg
こうしてヘルメットを被っておけば、酔っ払いの多いネージュキャストですから、不意に空き缶などを投げられても安全です。

私たちの着用するのはPOCというスウェーデンのメーカーです。
皆川賢太郎選手瀧澤宏臣氏といったオリンピック選手も使用する信頼のブランド。機能性はいうことなし、そしてデザインにも優れています!
CVのモデルはSYNAPSIS,私のモデルはSKULL LIGHT。(CVのゴーグルはIRIS Xです)

今期はマイヘルメットを被ってプログラムを受講いただくと、ネージュロゴのヘルメットステッカーを差し上げます。
まだまだ、ヘルメット着用率の低い日本のスノーシーン。みんなで一緒に普及させましょう!

※マイヘルメットをお持ちでない方にはK2ジャパン様のご協力によりレンタルヘルメットもご用意しています。
(数に限りあり)
この記事のURL | 用具 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おお!特注!?
2010/11/25(Thu)
こんにちは。
今日はいいお天気の湯沢、昨日よりちょっと暖かいですね。
あまり暖かいのはスキーシーズンを待ち望む人々にはうれしくないものではありますが。

さてさて、先日ご紹介した今期のユニフォームですが、左腕にはネージュのロゴが入っています。
DSC_8787.jpg
2年前から、ユニフォームに装着してきましたが、5周年ということで「設立2006」を加えたデザインのロゴに変更しました。
今期ユニフォームの左腕をアップしてみると、こんな感じ・・・
DSC_8786.jpg
おおおお!!!ワッペンを貼りつけたのではなく、完全にジャケットにプリントされているではありませんか。
こ、これはHAGLOFS特注ではないか!?とも思える、きれいな仕上がり。
ワッペンと生地の段差がありません!

実は今回から、ワッペンの種類を変えて作成したんです!
このように、きれいにつきました。
ゴアテックスに縫い付けると穴が空いてしまい、ちょっと悲しいですもんね。

このワッペン、好評なら、ちょっとだけデザイン変えて販売も考えようかと。
いかがでしょう??
この記事のURL | 用具 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
今シーズンのスキーが届きました
2010/11/24(Wed)
こんばんは。
といっても、まだ五時半なんですねえ。一年で一番日が短いときです。

さて、先日、いつもお世話になっているK2ジャパンさんから、今期のスキー板が届きました!
DSC_8791.jpg

AMP(オールマウンテンパフォーマンス)シリーズにラインナップされている「RICTOR」(リクター)です。
今年のK2スキーは、BASELINEといって、キャンバーとロッカーのそれぞれの特徴をシーン別に組み合わせたことが特徴。スキー板のいわば「反り」を表すロッカーは、機種によってその反り方が異なります。

届けていただいたRICTORは、ALL-TERRAINロッカーといって、30%が反っています。
滑って加重したときには、板の70%が接雪して、30%が浮いている感じですね。
このことによって、簡単にいうと操作性がとても良くなりました!

昨シーズンに試乗し、フランスでも使いましたが、持ったときの重さと履いたときの操作性のギャップに驚くほど。見た目がセンター80㎜とかなり太いので、抵抗あるかと思いきや、軽快にターンができます。

そして、このスキーに搭載するのが、MERKERのMXシステム。
DSC_8789.jpg

カラーリングは、板のグリーンにマッチングする色になりました。
そして、今期からビンディングの前部分「トウピース」が大幅に軽量化!
すでに、かかと部分のレール幅の拡張によって、しっかりと板に乗れるこのシステムですが、トウピースの軽量化によって、操作性を向上させるとともに、深く倒れこむターンにも干渉しない形状になっています。

私たちの仕事は、どんな雪でも一定のパフォーマンスが要求されます。
これまでも、RECONというオールマウンテン用の板を愛用してきましたが、今期登場のRICTORは、さらに進化!

履くのが楽しみです!!!
この記事のURL | 用具 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
特製!大源太携帯ストラップ&ピットーレ・キーホルダー
2010/09/05(Sun)
ついに完成しました!
ご要望の多かった、大源太ならではのおみやげ品。

大源太キャンプ場のロゴを使った携帯ストラップと、ピットーレグルーの各店舗ロゴが入ったキーホルダー。
cvの携帯電話に置いて、写真を撮ってみました。

P1010651.jpg

どちらも金属製で、金メッキが高級感を出しています。

大源太携帯ストラップ(640円)は、小さめでちょうどかわいい感じです。
ピットーレキーホルダー(1200円)は、イタリアンカラーを採用してみました。

大源太のネイチャーショップLokkakuDoで販売しています。
(キーホルダーは各店舗でも販売予定)

ぜひ、お土産にどうぞ!!
この記事のURL | 用具 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。